鮭料理と竹酒に生きる、銀座の呑み屋だった。

アクセスカウンタ

zoom RSS Kさんへ、Cの話しです。

<<   作成日時 : 2011/07/03 23:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


これは6キロぐらいありましたかな。「銀聖」というブランドの銀毛Cです。
北海道えりも町でとれたものです。

自分でお塩をすりこんでほしたものです。

大量生産の場合はゴム手袋をしていますが、わたしの場合は右手の親指で塩入れ、すり込みをしていました。
そのときは、心のなかで「美味しくなぁ〜れ、美味しくなぁ〜れ」と念じていました。

今年は岩手に帰ってくるCはどうなるのだろうか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Kさんへ、Cの話しです。 鮭料理と竹酒に生きる、銀座の呑み屋だった。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる