鮭料理と竹酒に生きる、銀座の呑み屋だった。

アクセスカウンタ

zoom RSS 森公男作白磁に盛り付け

<<   作成日時 : 2008/05/31 15:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


国画会の森公男作白磁に銀聖の白子、銀聖の大根巻き、鮭児などを盛り付けました。
あそびで片口のようになっていますが、こんどは実用的な片口を注文したります。

高校の3年間ともに剣道をした友人の作品に盛り付けられるなんて、思っても見ませんでした。
彼の純朴な人柄が作品にも感じられます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
森公男作白磁に盛り付け 鮭料理と竹酒に生きる、銀座の呑み屋だった。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる