鮭料理と竹酒に生きる、銀座の呑み屋だった。

アクセスカウンタ

zoom RSS 鮭児

<<   作成日時 : 2006/02/07 18:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

深夜番組何とかレシピで鮭児をやっていた。
これかと思って見た。ディレクターが電話一本で鮭児の料理を聞き出そうとしてくる。
元々、刺身と焼きぐらいしかない。素材がいいからあまりイジッテはいけない。しかしそのディレクターはテレビ的という言葉を連発した。悪く言えば、ウケればいぃ、面白ければいいということか・・・?
先生がいるでしょう?と私は言った。臆面もなくはいY先生です、ときた。だったらその先生に聞けば・・・と思いながら、でウチのメリットはと聞けば無し。
これもバブルだと思った。テレビ的にウケる話が蓄積されていき現実の店や消費者が追いかけてしまう。
料理に限って言えば、いい塩梅という言葉をもう一度かみしめようと思った。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鮭児 鮭料理と竹酒に生きる、銀座の呑み屋だった。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる